読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐる将棋生活

将棋教室や道場に通ったり、プロの先生の将棋を観戦したりイベントに行ったり。いち将棋好きの将棋生活の備忘録です。

御徒町将棋センター・1

少し前のことになりますが、社団戦の練習会の二次会?で、御徒町将棋センターに指しに行ってきました!
一度お友達と練習将棋を指しに行ったことはあるのですが、ふつうに手合いをつけてもらうのは初めて。
練習将棋を指しに行ったときの席主さんの事前聞き取りで、なぜか私は1級で指すことになったのですが。。。
御徒町はレベル高いからきっと段位者の人ばっかりなためだと思われます。

手合いなんてつくのかしらー、と思いながら待っていると、意外とすぐ名前を呼ばれて対局することに!
おお、がんばるぞ!と思って指してみた結果が↓こちら。

1局目:対初段 ●(▲(自分)四間飛車―△居飛車棒銀)

えーと…………頓死しました。。。
わーー久しぶりに頓死らしい頓死をしてしまったー。
飛車をさばくことはできなかったのですが、ちょっとずつ中央のラインを押し上げて指す謎の指し方で、
相手の方の飛車の成りこみを許しながらの攻め合いでした。
夢中になって攻めていて「よし次は詰めろかけられるぞ!」と思って指したら自玉に詰みがあったという……。しかも一手詰め(ひどい)。
受けるのが難しい形というわけではなかっただけに悔しかったです。ちゃんと自玉見ないとー。

帰りの時間があったのでこの1局で将棋センターを後にしてきましたが、ちゃんと手合いがついて楽しかった〜。
御徒町将棋センターですが、席主さんがフレンドリーな方なんですよね(お菓子をくださったりする)。
私の最初の御徒町のイメージが変わったのは席主さんのおかげかと思います。。
いや、最初は行くのハードル高い場所だと思っていたんですよね、御徒町……。強い人しか行けなさそうな。
しかし私くらいでも手合いがつくし、行ったのが日曜日の夜だったのですが、この時間でも割と人がいたので
社会人の会社帰りなどに行きやすそうかなあと感じました。

たくさん強い人と指すことができそうなので、また修行したいときには来たいと思います。
古い将棋世界などの本もたくさん置いてあるのであの宝の山も読みたい!