読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐる将棋生活

将棋教室や道場に通ったり、プロの先生の将棋を観戦したりイベントに行ったり。いち将棋好きの将棋生活の備忘録です。

第25回 アマチュア女王戦

日曜日は「アマチュア女王戦」に出場してきました〜。
こちらの大会は、去年「大会に出てみよう!」と意を決して初めて参加した思い出の大会なのであります。
(そのあたりの話はこの記事に)

去年はいちばん下のC2クラスに出場して2勝2敗だったのですが、今年はひとつ上のC1クラスで出場。
要項を見るとC1は3〜5級という感じだったのかな?去年は級の目安がなかったのですが、今年は分かりやすくありがたかったです。
会場の文京区民センターの内装がリニューアルされてきれいになっていました!新しい椅子すわり心地よかった〜。

以下今回の結果。スイス式の全4回戦でした。

1局目:● 対抗形 ▲(自分)四間飛車―△居飛車急戦(棒銀)
2局目:○ 対抗形 ▲四間飛車―△(自分)居飛車急戦(斜め棒銀)
3局目:○ 相振り飛車 ▲(自分)向かい飛車矢倉―△向かい飛車矢倉(同型)
4局目:○ 対抗形 ▲四間飛車―△(自分)居飛車急戦(斜め棒銀)

以上3勝1敗。今回の目標だった「大会で居飛車急戦を投入する」を2局達成できました!
しかも前日の教室で金井先生に教わった形がさっそく出てきて、2局とも勝ちきることができたのも収穫でした。
今度の教室でお礼を言わないとだ〜。

負けた1局目は先手が私の四間飛車に、相手の方の棒銀
序盤作戦負けして飛車損してしまいました。。。
駒損するにしてももうちょっとなんとかならなかったかなー。劣勢からの勝負手をつくれるようになりたいよー。

この局の感想戦ではC1クラスの手合い係をしていた方から目からウロコの手順を教えてもらいました!
5五歩を突いて出てきた相手の角に、高美濃囲いの金を当てていく手順。
これにより相手の角に狙いをつけて大駒を捌いていくんですね。なるほどー。
今までぜんぜん指したことがなかったけど、5五歩をよいタイミングで突けるようにすればよいんだなあ。
5筋の歩を突くのは、逆用されて美濃の近くにと金を作られるのが怖くてあまりやったことがなかったのですけど、今度試してみたいと思いました。

ちなみにこの1局目で負けた方が優勝されました!嬉しいのと同時にちょっと悔しさもあるような。。。
とは言え勝った残りの3局はすべてギリギリの勝ちで、ちょっと間違えば4戦全敗もありえた感じなのでなんとも言えないですが。。。
それでも去年より1つ上のクラス、3〜5級の皆さんと指して勝ち越せたのは自信になりました!
教室の先生方に教わったことや、将棋仲間と練習したことが形になると嬉しいな〜。いつもありがとうございます。
戦績が3勝1敗ということで、何位だかに入賞したらしく、賞品としてかばんをゲットしました。わーいわーい。
最後にいただいた参加賞もいろいろ入っていてホクホクでした。

それにしても戦形選択あれこれできるようになると最序盤の数手からめちゃめちゃ楽しい……!
今回は対抗形の居飛車持ったり振り飛車持ったり、相振り飛車指したり、盤上が色とりどりでワクワクでした。
あとは相居飛車がちょっとでいいから指せるようになりたいなあ。
強くなるには指す戦形を決めて掘り下げていくのが近道かと思いますが、ひとまずいろいろ試してみて「これだ!」となるような、自分に合う戦形をみつけていきたいです。

そしてアマチュア女王戦といえば豪華お弁当!
今年もおいしかったお弁当。去年はひとりで食べていたのでちょっと寂しかったですが、今年は将棋友達と食べることができて嬉しかったです。
今回はかわいい中学生たちとの出会いが印象的でした。みんなまっすぐで将棋大好きなのが伝わってくる子たちばかりでした。
ふだん千駄ヶ谷の道場で指しているという子が多かったから、また道場で指せるといいなあ。

大会後はお友達と新宿の「SHOGIBAR」に行ってみました!
橋本先生が経営されているお店です。一度行ってみたかったんですよね〜。
中はステキな空間で、いわゆるバーなのです。
が、そこに大盤や棋書いっぱいの本棚があり、お客さんはみんな将棋を指しているというのが普通のバーとまったく違うところでしょうか(笑)
お酒を飲みながら将棋指せるのいいですね〜。
今回は時間の都合で、短時間でささっと帰ってしまったのですがまた行ってみたいと思います!

というわけで楽しくてあっという間の1日でした。
運営の皆様、ステキな大会をありがとうございました。
御徒町の席主さんにも優しく声をかけて頂いて嬉しかったです。
また来年もみんなでワイワイ参加できるといいなあ。