読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐる将棋生活

将棋教室や道場に通ったり、プロの先生の将棋を観戦したりイベントに行ったり。いち将棋好きの将棋生活の備忘録です。

指しおさめ&指導対局の棋譜並べ

昨日は川崎にある「囲碁・将棋サロン 京浜川崎クラブ」で指しおさめをしてきました!
以前大会で知り合った方にお誘いいただいて、練習対局したりアマチュア強豪の先生による指導対局を受けたりしてきました。
初めて入る道場だったので緊張しましたが道場は盛況で皆さん将棋を楽しまれていました〜。

練習会では居飛車穴熊にノーマル三間で臨んだ局がへんちくりんな攻めで失敗してしまったのでコーヤン流をしっかり復習したいところ。。。
棋譜をとっていただいたので見直してみよう〜。
今回私も横で記録をとることがあったのですが、プロとかではなく棋力近めで自分より強い人の記録とるのってめっちゃ勉強になりますね!
棋力が近いので参考になる手も多かったり、感想戦に混ざっていろいろ質問したりできるのもおもしろかったです。

指導対局では四間飛車居飛車の対抗形を。あの銀が2枚出てくるやつなんていうんだろう。。。
先生の銀が中央で元気に活躍され、私の方は良いところなくぼろぼろでした。。。
でも楽しかったー!また行ってみたいな〜。


大晦日の午前中は大掃除の後、のんびり今年の指導対局棋譜並べをしてみました。
棋譜をとり始めたのが5月ころだったので、そのころからのを並べてみたのですが、半年前の自分は今の自分から見るとなかなか突っ込みどころが満載でおもしろかったです。

・相手の手を考えようとしていない
 →先生の攻め駒が迫っているにも関わらず無理攻めしようとする
・駒の連結を考えていない
 →自陣整備ができておらず攻められるとぼろぼろ
・指し手に流れがない
 →この手を指したのだから次はこういう狙いなんだろうか、と思って続きを見てみると全然違う手を指していたりする

自分に突っ込みを入れつつ、アルバムを見るごとく一局一局思い出に浸りつつ並べてみました。
当時気づけなかった先生方の思いやりある優しい手に気づいて涙する今日この頃……。
棋譜が残っているとやっぱりいいなあ。来年も引き続き棋譜はとっていこう。


2015年も本日で終わり。思えば今年はよく将棋にはまったものです。
指し始めたのは去年からですが、今年は教室に通い始めたり大会に出たり、イベントへ足を運んだりブログをつくったりして、将棋好きな方との素敵な出会いがたくさんあって、とても将棋充な1年でした。
今年1年本当にありがとうございました。また来年もめいっぱい将棋を楽しんでいけたらと思います!
2016年もどうぞよろしくお願いします。