読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐる将棋生活

将棋教室や道場に通ったり、プロの先生の将棋を観戦したりイベントに行ったり。いち将棋好きの将棋生活の備忘録です。

連盟道場・6


先週は土曜日に引き続き日曜日も将棋会館道場へ。
どうも将棋指したい熱が上がっている時期のようで、ちょっとの時間ですが指してきました。

以下今回の結果。

1局目:対15級 ○(飛車香落ち上手)
2局目:対9級 ●
3局目:対8級 ○(香落ち下手)
4局目:対14級 ○(飛車落ち上手)

今回の2局目はなんと7勝2敗で迎えた昇級の一番。
実は自分で気づいておらず、手合い係の人に「次勝てば昇級ですね」と言われ
「え!?」と驚きました。いつの間に。
(5連勝の方が先に来るのだと勝手に思い込んでいた)

ちょっと待ってください心の準備が……という間もなく対局開始。
戦型は相四間飛車。これは昇級がかかった対局で気合が入ります。
が、ここで気合いが空回り。
なぜか「振り飛車は駒をさばけたほうがいいから!」と謎の無理攻めで角損。
相手の子にしっかりと咎められました。

指せば指すほど形勢が悪くなっていくのって本当につらいですよね。。。
相手の駒台にどんどん自分の駒が乗っていく切なさときたら。
自分は序盤型と思っているので、最初リードをとってそれを守りきる指し方ができないときつい。
途中から「持ち駒もないしやることないわー銀冠でも目指そうかな」とか
腐りかけたやる気を最後まで必死に持ちこたえるので精一杯でした。。。

やはり中終盤で劣勢を跳ね返せるような粘り強い指し方ができないとですねー。
悪くなったときの指し方を勉強してみたい。
あと将棋ってメンタルも重要なものだと改めて思いました。スポーツと一緒だな〜。

昇級の一番を逃して(しかもアホな無理攻めで)とても悔しい思いをしましたが、その後2連勝。
香落ち下手で居飛車棒銀を指して端攻めが成功したのは収穫としたいです。

というわけで時間切れでここまでとなりましたが、次局勝利できれば9級に昇級できるとのこと!
負けたとしてもその次を2連勝できればいいんだっけか。次回も昇級チャンスがめぐってくるようです。
今度はしっかり心の準備をしていこう。。。無理攻めダメ絶対。